4/1/SUN
福島市飯坂学習センターキャンパス
11:00〜12:30【講義C-1】定員50名(無料)『DISCOVER-TOHOKU…東北を聞こう』出演:酒井順子×LIFEKUほか
【講義C-1】のお申込みは終了いたしました。多数のお申込を頂きまして、大変ありがとうございました。
酒井順子
『「雪見列車と力餅」。著書「女子と鉄道」で紹介されている力餅は奥羽本線の峠駅の名物。311の震災で名所、景勝を失った東北ではありますが、灯台下暗しです。東北を愛して、知り尽くしている酒井さんのお話に耳を傾けて旅に出掛けようではありませんか!スペシャルゲストあり?』
◎酒井順子:コラムニスト。1966年東京生まれ。立教大学卒業。2004年、「負け犬の遠吠え」で第4回婦人公論文芸賞、第20回講談社エッセイ賞をダブル受賞。世相を的確にとらえながらもクールでシビアな視点が人気を集める。近著に『女子と鉄道』(光文社)、『京と都』(新潮社)『先達の御意見』(文春文庫)など。
pagetop
11:00〜12:00【講義C-2】定員15名(材料費500円)『Fermentation+酵素ジュースづくりワークショップ』13:30〜15:30ことばと思いの交換会
【講義C-2】のお申込みは終了いたしました。多数のお申込を頂きまして、大変ありがとうございました。
廣瀬裕子
『体の免疫をあげると言われている酵素。その酵素をジュースにする酵素ジュースづくりのワークショップを行います。季節のくだものをつかって、手を動かして。そのあとは、すこしだけ、お話し会を。』
◎廣瀬裕子:1965年東京生まれ。書籍編集者を経て1995年から作家へ。こころと体、日々食べるもの、大地、海、言葉、見えるもの、見えないもの…。そういったものを大切に思い、表現している。2008年の冬から葉山在住。連載にアフタヌーンティのサイト『葉山ごよみ』大地を守る会会報誌『つながること暮らすこと』書籍に『できることからはじめています』(文藝春秋)『もういちど、深呼吸』(PHP)など。4月に『まいにちのなかにオーガニック』を出版。
*廣瀬裕子公式ウェブサイト:
 http://y-hirose.com/
pagetop
13:30〜14:25【講義D-1(前半)】定員50名(無料)『震災以後 :ふくしま住居論』遠藤知世吉〜福島に住むために/野武士建築家の建築〜
【講義D-1】のお申込みは終了いたしました。多数のお申込を頂きまして、大変ありがとうございました。
遠藤知世吉
『震災に直面し、以後、日々起こる問題に建築技術を手に立ち向かい続けています。我々の住居とは、そもそもなんだったのか。それは家族。それは未来。それは夢を描くことだったはずだ。参加の皆さんとともに夢を描きたい。そのために今日まで研究し、考えてきたことを話します。』
◎遠藤知世吉:1958年福島県生まれ。遠藤知世吉・建築設計工房、主宰。福島の住宅中心に建築活動30年の野武士建築家。受賞に、「ふくしまの家」設計コンペ最優秀賞、2011年度グッドデザイン賞など多数。震災後の復興活動に、高齢者向け木造仮設住宅の設計、復興住宅の提案など。。
*遠藤知世吉・建築設計工房公式ウェブサイト:
 http://www.ht-net21.ne.jp/~eca21
pagetop
14:35〜15:30【講義D-1(後半)】定員50名(無料)『震災以後 :フクシマ居住論』坂口恭平×アサノコウタ〜新しい居住・新しい環境〜
【講義D-1】のお申込みは終了いたしました。多数のお申込を頂きまして、大変ありがとうございました。
坂口恭平
『震災に直面し、以後、福島は自然が豊かなのんびりとした住み易い環境から、地震や津波、放射能汚染まで、沢山の問題を含んだ環境となりました。本講義では新しい「居住」の仕方と環境について、考えていきます。』
◎坂口恭平:建築家。1978年熊本生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業後、2004年に日本の路上生活者の住居を収めた写真集『0円ハウス』をリトルモアより刊行。2006年カナダ、バンクーバー美術館にて初の個展、2007年にはケニアのナイロビで世界会議フォーラムに参加。最新著作に、隅田川の鈴木さんのソーラーハウスでの生活を記録した書籍『TOKYO 0円ハウス 0円生活』(大和書房刊)。その後の映画化も予定されている。
*坂口恭平公式ウェブサイト:
 http://www.0yenhouse.com/
pagetop
13:30〜15:30【講義D-2】定員50名(無料)『放射線のABC、教えて木村先生!』出演:木村真三
【講義D-2】のお申込みは終了いたしました。多数のお申込を頂きまして、大変ありがとうございました。
木村真三
『2011年3月11日から1年が過ぎ、放射性物質との付き合いを余儀なくされた日本。福島に拠点を移し活動する木村先生の福島での1年の歩みのお話と「もっと知りたい」「ずっと疑問に思っている」「聞けなかったこと」…聞きましょう木村先生に!』
◎木村真三:放射線衛生学者。福島第一原子力発電所事故後、独立行政法人労働安全衛生総合研究所の研究員の職を辞し、自ら福島各地5000kmを走り放射線量を測定する。放射線測定の草分け的存在である岡野眞治博士らと協力して行っている調査活動の様子は、2011年5月に放送されたNHK ETV特集「ネットワークで作る放射能汚染地図」などで紹介され、大きな注目を集めている。チェルノブイリでの調査研究と並行し、現在は獨協医科大学の准教授として、二本松市に開設された同大学国際疫学研究室の分室を拠点に調査活動を続ける。(撮影:地引雄一)
pagetop
16:00〜17:30【講義E】定員100名(無料)『伝承、ふくしま復興の舞』出演:近藤良平(コンドルズ)ほか
【講義E】のお申込みは終了いたしました。多数のお申込を頂きまして、大変ありがとうございました。
近藤良平
『明日に何を伝えたいですか?一所懸命除染をしたこと、子どもたちを愛していること、福島は美しい土地だということ。後世に伝えたいことばかり。その伝えたいこと、コンドルズ近藤良平と踊りませんか?踊り手を選ばない単純明快な振りで「ふくしま復興の舞」を作りあげます。みんなで踊れば怖くない。Shall we フクシマdance?』
◎コンドルズ:コンドルズ主宰 振付家 ダンサー。ペルー、チリ、アルゼンチン育ち。世界20ヶ国以上で公演、ニューヨークタイムズ紙絶賛、渋谷公会堂も即日完売させた、学ラン姿で踊る男性のみのダンス集団・コンドルズ主宰。NHK連続テレビ小説「てっぱん」オープニング振付出演。NHK紅白歌合戦出場。NHK総合「サラリーマンneo」内「テレビサラリーマン体操」などで振付出演。また、NHK教育「からだであそぼ」内「こんどうさんちのたいそう」、「あさだからだ」内「こんどうさんとたいそう」に振付出演。第四回朝日舞台芸術賞寺山修司賞受賞。横浜国立大学、立教大学等で非常勤講師も務め、著書に『近藤良平という生き方』(エンターブレイン)がある。愛犬家。(撮影:HARU)
*コンドルズ公式ウェブサイト:
 http://www.condors.jp/
pagetop
14:00〜15:30【ワークショップ】(無料)『夢の写真館』出演:kvina(小林エリカ/田部井美奈/野川かさね/前田ひさえ)
kvina
『きのう見た夢、これから叶えたい夢、叶った、叶わなかった夢、大切な夢。あなたの記憶と心のなかだけにある大切な夢を記念写真にしてみませんか?kvinaが一日だけの特別な"夢の写真館"を開いてくれます。参加して下さった方には、その場で自分だけの夢の記念写真を撮ることができます。ぜひ、ご参加下さい。』
※お一人様10分〜15分程度
◎kvina(クビーナ):小林エリカ(作家)田部井美奈(グラフィックデザイナー)野川かさね(写真家)前田ひさえ(イラストレーター)のクリエイティブユニット。2010年春より日本語・英語・エスペラント語三ヶ国語のセルフパブリッシングシリーズLIBRO de KVINA(リブロクビーナ)をはじめる。本と言葉をモチーフにプロダクトデザインや展示を手がける。月に何度か開かれる朝食会でそれぞれのアイディアや夢を話し合いながらプロジェクトをすすめている。
*kvina公式ウェブサイト:
 http://librodekvina.com/
pagetop
 
飯坂温泉旅館静山
 
18:30〜21:00【講義F】定員250名(4,500円)『クロージング、音楽の力』出演:細野晴臣/アンサリー
『“クロージング、音楽の力” 細野晴臣/アンサリー』当日ライブチケットを販売いたします。
4月1日(日)12:00から、旅館静山受付にて販売。料金は、1枚4,500円です。
数がわずかですので、購入できない場合があります。予めご了承ください。

細野晴臣
『音楽の力。震災後、皆さんが初めて音楽を聞いたのはいつ頃でしょうか?音楽は力をあたえ、楽しく穏やかな気持ちにさせてくれます。FOR座RESTに縁深い細野晴臣さん、アンサリーさん。福島に素晴らしい音楽を届けてくれます。』
◎細野晴臣(ほその・はるおみ):1947年東京生まれ。音楽家。69年エイプリル・フールでプロデビュー後、はっぴいえんど、ティン・パン・アレー、イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)等を経て現在に至る。2011年4月、久々のソロアルバム「HoSoNoVa」をリリース。
*細野晴臣公式ウェブサイト:
 http://www.hosonoharuomi.com/
 http://daisyworld.co.jp/
 
アンサリー
◎アンサリー:2001年「Voyage」でアルバムデビュー。2003年「Day Dream」「Moon Dance」では、東西を問わぬ新旧の名曲をオリジナルに昇華した歌唱が好評を博しロングセラーに。2002年から3年間ニューオリンズに医学研究のため暮らし、地元の音楽家と現地でプライベートに収録した音源を、帰国後アルバム「Brand-New Orleans」として発表し話題を呼んだ。帰国後は医師としての勤務の傍ら日本全国でライヴ活動を行い、2児の母となった2007年には「こころうた」を、2008年には、書き下ろしオリジナル曲「時間旅行」を発表。2010年12月、福島への想いがアルバムタイトルになった「fo:rest」をリリース。時代やジャンルの枠を超えた、柔らかくも情感あふれる歌唱と、そのナチュラルなライフスタイルは幅広く支持されている。
*アンサリー公式ウェブサイト:
 http://www.annsally.org/
pagetop
 
19:00〜【補講】先着順(投げ銭制)FOR座REST大学 × DOMMUNE FUKUSHIMA!from 清山 地下BAR出演:細野晴臣、高田漣、大友良英、木村真三(放射線衛生学) 司会/小川直人 他
細野晴臣
観覧料:投げ銭制/先着順で入場!
日本で最も有名なインターネット放送局の一つ、DOMMUNE(ドミューン)の福島支局、DOMMUNE FUKUSHIMA!。通常は日曜夜に不定期で郡山のココラジ特設スタジオから配信していますが、FOR座REST大学スペシャル企画として、清山キャンパス地下BARから出張ナマ配信の補講が決定しました!しかも、この補講(番組)のために、プロジェクトFUKUSHIMA!の大友良英さんも鳥取から駆けつけてくださいます。そして、FOR座REST大学の豪華出演者陣がライブ終了後、ドミューンにも出演決定しました!
『FOR座REST大学 × DOMMUNE FUKUSHIMA!from 清山 地下BAR』
◎日時:2012年4月1日(日曜日)19:00〜
◎会場:飯坂温泉旅館 清山/地下BAR
◎観覧料:投げ銭制
◎出演:細野晴臣、高田漣、大友良英、木村真三(放射線衛生学) 司会/小川直人 他
◎配信URL:http://www.dommune.com/fukushima/ または、http://www.ustream.tv/channel/dommune へ。
※ご予約は不要ですが、会場はお席に限りがございます。ご入場は先着順となり満員の場合はご入場をお断りする場合がございます。予めご了承願います。
※地下BARでは、特別企画「学食清山」の素敵なドリンク・フードの出店もあります。
詳しくは清山ガレリア → http://www.ankaju.com/forzarest/college/galley.html
ネット放送ということは、飯坂温泉のキャンパスに通学できない方も、通信教育で参加可能!!お近くの方やライブチケットが取れなかった方も、こちらでスペシャルライブがご覧になれるかもしれませんよ〜。もちろん、すでにFOR座REST大学の講義を予約されているみなさんも、この補講でさらに学習を深めて参りましょう!
奥州3名湯の飯坂温泉は旅館清山の地下BARを会場にトークあり!ライヴあり!お習字あり!の240分!!!生配信!!! どうぞお楽しみに!!!!!
pagetop
「未来と世界」を見据えて活動する福島市のキーパーソン 出演:MARCY×LIFEKU×遠藤知世吉×アサノコウタ
LIFEKU
◎LIFEKU:ライフクは福島の商人同士が協力共存して、社会貢献や商業振興を目指すために作られたプロジェクト名。もともと福島は商人同士が仲が良い土地柄で、一緒に遊び、仲間であり共同体の意識があります。この繋がりをより強くして、お互いに助け合いながら生きていくために、全国に通用する自分達のセンスやスタイルを内外へ発信しています。現在、福島から「子ども達の未来」「福島からのメッセージ」「エネルギーの考え方」「自然の大切さ」の4つのメッセージをカタチにしたピンバッジ「F-pins」を販売中。
*4月1日(日)11:00〜12:30【講義C-1】
『DISCOVER-TOHOKU・・・東北を聞こう』
*LIFEKU:http://lifeku.jp/
 
アサノコウタ
◎アサノコウタ:建築家。福島学院大学非常勤講師。1983年福島市生まれ。慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス政策・メディア研究科修士課程卒業。卒業後は地元の福島市に戻り、建築以下の設計事務所「BHIS」を設立。プロジェクトFUKUSHIMA! では「福島大風呂敷」を担当し、現在は二本松市の「屋内の大地」を運営する。
*4月1日(日)14:00〜15:30【講義D-1】
『震災以後:ふくしま居住論』
*アサノコウタBHIS:http://www.bhis.jp/
フォー ザ レスト 手のいらを太陽に、ぼくらはみんな生きている。
pagetop